犬に鍼治療をしたよ。

 

夏休みに、犬を連れて河口湖に行って来ました。

家に着いて、ホッと一息入れておりましたら、

愛犬のララちゃんが、シッポを丸めて、ビクビクしている様子

さわると、

“キャン!”

“キャン!キャン!

と、

なんとも弱弱しい声で鳴き、ビッコを引きながら歩くのです。

初めての事なので、

すぐに、動物病院へ

レントゲン検査で、骨は異常なし、内臓も異常なし、

獣医さんが、触診をして右頚部に痛み有り、


結局

診断名は、元気喪失で、痛み止めの薬を処方されました。

 

食欲は少しありましたが、

ウンチやおしっこをする姿勢が、痛いらしく

出来ない状態でした。

 

私に、何かを訴える目が・・・・・・・・・

 

そこで、

ディスポの鍼で、左右脊柱際の硬結に鍼治療


 
 
 
腹部にも、散鍼と置鍼を行いました。

数時間後から、動きが良くなり

翌日は、ウンチやおしっこも出来る様になりました。

 

薬は、夜一回の二日間飲ませて、鍼治療は、三回の三日間行いました。

 

一週間経ちますが、元の元気のララちゃんに戻りましたが、

時々、“キャン!”キャン!と

言って、同情を買っているように見えます。