人が速く走るには、バランスが大事!

100メートル走で世界最高記録9秒58を持つウサイン・ボルト選手は、

頭が小さく、下半身が長い、体幹の筋肉が強く、ひざから下に無駄な筋肉がない。短距離走で理想的な体型です。

 

Exif_JPEG_PICTURE

脚を動かす筋肉

腸腰筋:脚を前に送る体幹の筋肉

大殿筋:脚を後に蹴るおしりの筋肉

体幹の筋肉

胴体の部分で腹筋や背筋

上記の筋肉を鍛え、歩幅を大きく、バランスを崩さずに走り切る事だそうです。

2014.10.4 夕刊読売新聞参考

 

友だち追加数