Acupuncture~ Bonesetting ~六万通り接骨院 石井康公のブログ
好一鍼(ホイルチム)韓医院です。

 

 

なんと

 

私の証は、

五臓六腑の肝と腎の証でした。

 

水分の取り過ぎ、アルコールかなぁ~しょぼん

 

 

 

 

 

そして、待つこと数分

左右ベットがあり、それぞれがカーテンで仕切られた真ん中の通路を歩き、奥のベットに案内されました。

 

ベットの高さは約60センチ位あり、鍼灸治療には最適の高さと思いました。グッド!

そして、置いてある短パンに履き替え治療開始です。

 

 

 

まず始めに、FFDtestを行い、私は7センチ位でした。ショック!

 

FFDtest指床間距離は、立位から膝を曲げずに体幹を前屈し、手の指先と床までの距離を計測するテストです。

 

 

 

Acupuncture~ Bonesetting ~六万通り接骨院 石井康公のブログ

横画像になってしまいました。

この方は、FFD50センチです。

硬いねドクロ

 

 

 

私の訴えた症状は、右肩・右腰・右膝なので、左の手足のツボを選択し施術です。

巨刺とではないかと思います。はてなマーク

 

 

 

巨刺(こし):外邪が経絡を障害している病状に対し、その経絡を目標に刺鍼する方法で、患側の反対側に刺鍼する。たとえば、右膝関節に痛みがあれば同じ部位左膝関節に刺鍼する。巨刺の巨は、大きい・あらい・多いなどの意で、巨刺とは、大きいものを刺す技術と解される。大きいものとは経脈を指す。「素問」繆刺論63に「邪経に客たる左盛んなれば右病む。右盛んなれば左病む。また、移易いするものあり。左の痛み未だいえずして右の脈先ず病む。この如くなるものには必ずこれを巨刺す。必ずその経にあたる。絡脈にあらず。」とある。

 

 

ジャーン!

私の足です。

 

よく見ると右足が、外側に回旋しています。右腰臀部が悪いですね。叫び

 

しかし、足が長いねパンチ!

Acupuncture~ Bonesetting ~六万通り接骨院 石井康公のブログ

 

豪華なカーテンですね。アップ

 

 

 

使用した足のツボです。

 

太陰脾経:太白 兪土

 

少陰腎経:太谿 兪土

 

太陽膀胱経:通谷 栄水

 

少陽胆経:侠谿 栄水

Acupuncture~ Bonesetting ~六万通り接骨院 石井康公のブログ

 

Acupuncture~ Bonesetting ~六万通り接骨院 石井康公のブログ

 

Acupuncture~ Bonesetting ~六万通り接骨院 石井康公のブログ

 

下記の写真は、若先生の撮影して頂きました。

カムサハムニダニコニコ

 

Acupuncture~ Bonesetting ~六万通り接骨院 石井康公のブログ

 

 

ベットシーツも

豪華です。アップ

 

つづく