落書きやイタズラの被害に遭った場合

相手が特定することができれば損害賠償請求をすることができます。落書きやイタズラは器物損壊罪にとわれるため、この種の被害に遭った場合には警察への被害届の提出をする必要があります。もし近所の子どもたちが自分の車に落書きをしたりイタズラをしたりしているのを目撃した場合には、保護者が賠償責任を負うことになります。その場合にも示談交渉がうまく進むように、警察に被害届を出しておくことが大切です。しかしながら落書きやイタズラは自分の知らないところで起きてしまうケースが多いため、なかなか犯人を検挙できないのが実情です。落書きやイタズラは車両保険から補償を受けることができます。

私は以前、自宅の近くにある駐車場を借りていましたが、そこで落書きのイタズラ被害にあいました。警察に被害届を提出した時に言われた事ですが、犯人の検挙は期待できない事と、車両保険加入の確認でした。車両の落書きやイタズラは青梅市管内で一週間に一回はあるそうです。自分の車は自分で守らないとダメですね。対策としては、防犯カメラ・センサーライト等で、被害後の対策は車両保険加入です。

HPNX0171

HPNX0172

車のキズは、車両保険で治りますが、心の傷は治りません。しかし、時間とともに心の傷も癒えてきます。一番良くないのはいつまでも、キズの事にこだわる事です。過去は変えられませんが、未来は変えられますので、対策をしていきましょうね。

 

 

友だち追加数