青梅の接骨院なら【六万通り接骨院】へ。腰痛や肩こり、背中・膝の痛みをはじめ、交通事故治療やスポーツ鍼灸・花粉症治療等を行っております。各種保険も取り扱っております。

物理療法・リハビリ

  • HOME »
  • 物理療法・リハビリ

各種有名メーカーの電気治療器・トレーニング・リハビリ

干渉電流型低周波治療器・SSP治療器・低周波治療機器・ホットパック・首腰膝足牽引器・ローラーベット・遠赤外線治療器・ストレッチボード・バランスボール・アジリティディスク・チューブトレーニング・ボール・ダンベル等で社会復帰・スポーツ復帰を早期に目指します。

干渉電流型低周波治療  株式会社日本メディックス

1948年にオーストリアの医師 ハンス・ネメック博士により、干渉低周波治療器が医学会で発表されました。そののちドイツ・ネメクトロダイン社により、世界で初めて干渉低周波治療器を発売。この理論の特許の有効期限がきれてから、干渉電流型治療器は世界中で製造されるようになりました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

干渉電流型治療器の目的

低周波治療器と同じ様に疼痛緩和です。低周波治療器の場合痛みの太い神経に作用して痛みの信号を脳に行く前に抑えてしまう原理に対して干渉波治療器は、むしろ筋を収縮させ、そのポンピングの作用により血流を促進させて痛みの物質を取り除く作用が強いです。干渉電流型低周波治療器は、中周波領域の周波数を使用していますので皮膚抵抗値が低くなるので通電の際の痛みを感じにくくなります。その結果筋収縮を十分起こすまで電流出力を上げられます。

干渉電流型低周波治療器は、1,000Hz以上の中周波領域を使用します。器械は、仕様的に周波数を2,500Hz又は5,000Hzを使用します。電流の干渉を利用するため、吸引カップ導子を使用し2つの異なる中周波電流を交差させ、そこから発生する干渉低周波を使用する治療器です。

干渉電流型低周波治療の作用機序

肩こり、腰痛、膝痛、むくみなど

Exif_JPEG_PICTURE

SSP療法(低周波治療) 株式会社日本メディックス

特殊な金属電極を用いた経皮的ツボ電気刺激

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SSP療法とは

「SSP電極を”ツボ”に置き、低周波通電を行うツボ表面刺激法」のことをいいます。
”SSP”(=Silver Spike Point)と呼ばれる特殊な金属電極を用いた経皮的ツボ電気刺激(TEAS)です。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SSP療法は、大阪医科大学麻酔科で開発

中国の針麻酔をベースに、「刺さない針治療」という発想から開発された治療法です。ツボ刺激の効果も研究者の間で広く知られ、安全な痛みの治療法として臨床応用されてきました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SSP療法の作用機序

ゲートコントロール説
局所血流の改善による発痛物質の除去
内因性モルヒネ様物質による下行性の痛み抑制効果
ストレス緩和による自然治癒力の回復

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低周波治療器について

周波数1~999Hzの電流を生体に流し、その刺激により疼痛緩和などを目的とした治療器です。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低周波治療器の作用機序

低周波電流は主に運動神経に作用し、筋肉を刺激・収縮させます。そのポンプ作用で血液・リンパの流れが良くなり、組織の代謝を活発にし、疲労物質をとり、コリや痛みを改善します。

低周波治療器の効能

捻挫、打撲、挫傷、骨折、脱臼、血行促進、筋肉コリ改善、リハビリ

オートクレーブ 高圧滅菌機

当院ではディスポーサブルはり(使い捨てはり)を使用しておりますが、ピンセットやシャーレ、また、特殊な鍼も使用しますので、下記の高圧滅菌機を使用して、衛生管理には最善の注意をしております。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


紫外線鍼器具保管庫

オートクレーブ(高圧滅菌機)で消毒した器具や特殊鍼を保管する紫外線保管庫です。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牽引治療

牽引療法とは、身体の部分に引く力を加えて、骨折後のリハビリ、脱臼、捻挫、筋スパズム、関節変形、拘縮(こうしゅく)などに対する医学的処置、治療を行なうものです。

牽引治療の効能

安静・固定による動的因子の抑制(固定する)椎間関節周囲の軟部組織の伸張(伸ばす)椎間板・椎間関節の軽度の変位の矯正(位置を正す)椎間関節の離開(引き離す)椎間孔の拡大化(広げる)椎間板内圧の陰圧化と椎体前後縦靱帯の伸張による膨隆髄核の復位化(負担を減らし、位置を正す)ストレッチ効果による攣縮筋(れんしゅくきん)の弛緩(緊張をほぐす)マッサージ効果による循環改善および亢進(血のめぐりをよくする)心理的効果が挙げられます。

牽引治療の種類

牽引治療器で、頚部・腰部・股関節・膝関節等の牽引治療を行います。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローラーベット

脊柱のバランスを取り、筋肉の緊張をやわらげます。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホットパック・ラドファンゴについて

ラドファンゴは、ヨーロッパで代表的な物理療法であるファンゴ浴を簡単に効率的に行える新しい温熱療法です。ラドファンゴパックは量の割りに非常に多い熱量を放出します。熱保有度が高く、熱伝導が非常に小さいため不感温度が高いという特性があり、優れたマイルドな温熱効果を得られます。ラドファンゴに使用しているフィルムは、新ポリウレタン耐熱フィルムです。従来のフィルムに比較してその熱耐久性、フィット性、柔軟性を有しているのでどんな部位にも大変良くフィットします。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作用機序

視床下部の温度調節機構の作用で血管拡張作用のあるヒスタミン様物質の分泌等により、皮膚の毛細血管が拡張して皮膚内の血流は2倍以上になります。このことにより、血行が促進され痛みの産物であるヒスタミン、ブラディキニンが除去されて痛みが軽減されます。

効能

血流促進・血行改善

 

 

各種保険・交通事故対応/東青梅駅徒歩5分 TEL 0428-21-2215 月・火・水・金9:00~12:00/16:00~19:30木・土9:00~12:00

アーカイブ

Twitter

Facebook

LINE 友だち追加

友だち追加数

スタッフブログ

  • twitter
PAGETOP