青梅の接骨院なら【六万通り接骨院】へ。腰痛や肩こり、背中・膝の痛みをはじめ、交通事故治療やスポーツ鍼灸・花粉症治療等を行っております。各種保険も取り扱っております。

交通事故治療

  • HOME »
  • 交通事故治療

交通事故後のむちうちの怖さ
 

交通事故治療は病院だけでなく接骨院でも施術が行えます。事故後の痛みを安易に考えずにしっかり対処しましょう。こちらでは、交通事故の症状の中でも多くの患者様が訴える「むちうち」の怖さについてご説明します。

事故直後は痛みを感じにくい

むちうちは、交通事故の衝撃によって首が本来の可動域以上に大きく動き、筋肉や靭帯が損傷を受けることで起こります。しかし、むちうちの痛みは事故直後には現れず、翌日~数日後に急激に痛み始めるケースが多々あります。

事故直後は、想像もしていない出来事に遭遇したことで自律神経が興奮状態となり、痛みを感じづらくなっています。そのため、骨折や出血、怪我などの目に見える外傷でない限り、内部で損傷が起きていることに気付きにくい傾向があります。

痛みに時間差があり発見しづらい点は、むちうちの症状を悪化させてしまう大きな要因と言えます。時間が経つにつれて改善しづらくなるため、症状が現れていない場合でも事故後は交通事故治療を受けるようにして下さい。

むちうちは様々な症状を招く

むちうちは様々な症状を招く

 

 

 

 

 

 

 

 

事故後に痛みが現れても「これくらいなら大丈夫だろう」という安易な考えで放っておくと、2次的障害を引き起こす可能性が潜んでいます。むちうちが引き起こす主な症状としては、吐き気・頭痛・肩こり・めまい・耳鳴り・手足の痺れ・慢性疲労などがあります。

首まわりの筋肉や靭帯の損傷だけでなく、神経にも影響を及ぼしてしまうため、あらゆる症状を招いてしまうのです。このような症状や痛みを放置したことで慢性化し、後遺症として長い間悩まされる方もいらっしゃいます。つらい状況に陥らないためにも、早めの交通事故治療やリハビリが大切なのです。

交通事故によるむちうちや頚椎捻挫などでお悩みの方は、青梅市にある当院までご相談下さい。当院では各種保険を取り扱っています。また夜8時まで受け付けておりますので、お仕事帰りにもお気軽にご利用いただけます。

 

 

 

 

むちうちの種類について

 

 

 

 

 

事故によるむちうち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポーツ中の事故や交通事故などにあって、むちうちに悩まされている方は少なくありません。病院などで交通事故治療を受けるために、レントゲンを撮ったのに、検査で異常が認められることが少なく、自覚症状のみという場合が多いものです。

そんなむちうちにはいくつかの種類があります。こちらでは、むちうちの種類と特徴についてご紹介致します。

 

 

 

 

 

バレーリュー症候群

頚部への衝撃によって自律神経に強い刺激を受けることで、症状が現れるのがバレーリュー症候群です。首の交感神経が刺激を受けたことで、頚動脈や頭部につながっている脳低動脈に障害が起こり症状が現れるようになります。症状としては、頭痛やめまい、吐き気、耳鳴りなど様々なものが挙げられます。

 

 

 

 

 

脳脊髄液減少型

何年経ってもむちうちが回復しないという方の多くは、この脳脊髄液減少型に当てはまるとされています。主な症状は、激しい頭痛や全身の痛み、身体のだるさ、集中力の低下、睡眠不足などです。頭の中にある脈絡叢で作られた脳脊髄液が脳と脊髄を覆っているのですが、この脳脊髄液が衝撃によって漏れ出し減少することで症状が現れます。

 

 

 

 

 

頚椎捻挫型

むちうちの中でも最も一般的なタイプです。頚椎を支えている筋肉や靭帯の損傷によって、首が捻挫を起こしている状態です。首周りや背中、腕などに違和感のある場合が多く、首やうなじ付近の痛みやほてり、肩こり、背中や腕の痛みなどの幅広い症状が見られます。

 

 

 

 

 

脊髄症状型

頚椎の中にある脊髄や、脊髄から伸びる神経が損傷することによって様々な症状が現れるようになります。脊髄症状型の場合、日が経つのにともなって症状が悪化していくのが特徴で、下肢がしびれて歩行障害になったり、尿や便が出づらくなったりという日常生活に支障をきたすような症状が起きます。

 

 

 

 

 

交通事故後の症状は軽くとらえずに、病院や接骨院にて早いうちに交通事故治療やリハビリをすることが重要です。青梅市近郊にて交通事故でむちうちになった際に、施術が可能な接骨院をお探しの際は、当院を是非ご利用下さい。

青梅市にある当院は交通事故保険取扱接骨院となっております。交通事故によるむちうちなど身体のお悩みがございましたら、お気軽に当院にご相談下さい。

 

 

 

 

どこで治療をすればよいですか?

Exif_JPEG_PICTURE

 

当院では、交通事故取り扱い接骨院なので、安心して治療が受けられます。血液検査・レントゲン検査・CT検査・MRI検査等、必要に応じて提携病院にご紹介致します。また、提携病院と連絡を取りながら、対診治療もしていますので心配なく治療が出来ます。

 

 

 

 

 

治療費はどうなるの?

交通事故によるケガの治療費は自動車保険を使って保険会社に請求します。そのため、窓口での支払いは一切ありません。支払いを気にせず、安心して治療に専念出来ます。

治療もしたいが仕事があるので通院出来るかな?

Exif_JPEG_PICTURE

仕事も大事ですが、後遺症に苦しまない為にも、受傷後一ヶ月から三ヶ月の間は治療に専念することをお勧めします。当院では、月曜日・火曜日・水曜日・金曜日は、夜8時まで受付けています。仕事帰りに治療を受けられますのでご安心下さい。

 

 

 

 

 

慰謝料はどうなるのかなぁ~?

4200円×(入院日数+通院日数)×2

※ 但し総治療期間の範囲内に限ります。

※ 上記の計算式は概略です。

交通事故に遭ってしまったら、どうしたらいいの?

1. 警察に届けることが大切です

KIMG0144

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加害者は、罰金を取られたり免許証の停止をされたくない為、内々に解決しようとしがちですが、これは危険です。被害者にとっても警察に届けるのは何かと面倒なことになりますが、自分の権利を守る為には、警察への届出は欠かせません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2. 交通事故の状況を確認する

現場その他、事故のときの状況を正確にとらえることです。その為には目撃者の証言も必要になりますし、事故地点、スリップの痕跡などの確認も必要です。

3. 相手を確かめる

1409445999445

① 自動車のナンバー、色、型、名称

② 運転者の名前、年齢、住所、勤務先 (会社名、電話番号)

③ 車の持ち主あるいは会社名、所在地、電話番号

④ 自動車損害賠償責任保険証 (保険会社名・証書番号・加入年月日など)

⑤ 免許証、車検証 (番号など)

⑥ 目撃者がいたら、証言をもらいましょう。目撃者については、名刺をもらうか、住所、氏名を聞いておきましょう。

 

もしも、こんな交通事故の時?

ひき逃げの被害者になった時は?(クリックしてください)

無保険車両との事故で被害者になった時は?(クリックしてください)

最後になりましたが、警察に連絡しましょう。たとえ自分に過失があったとしても必ず警察へ届けなければなりません。警察に連絡し現場を確認してもらうことです。また、事故証明をもらう事も忘れないようにしましょう。

最後に、大切なことは

※ 症状が無くても医療機関の受診が大切です。
※ 当院でも交通事故保険取扱接骨院なのでご相談ください。

 
1409436230997

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青梅市防災訓練の医療救護活動に毎年参加協力しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

各種保険・交通事故対応/東青梅駅徒歩5分 TEL 0428-21-2215 月・火・水・金9:00~12:00/16:00~19:30木・土9:00~12:00

アーカイブ

Twitter

Facebook

LINE 友だち追加

友だち追加数

スタッフブログ

  • twitter
PAGETOP